ニキビスキンケアランキング【効果や口コミ化粧品の最安値などを紹介】

【おでこ】に出来るニキビ

「おでこ」にできる「ニキビ」とは何か。

スキンケア
おでこは顔の中でも皮脂の分泌量がかなり多い場所です。
思春期といわれる中学生から高校生の間に、おでこニキビに悩まされた人は多いのではないでしょうか。

この思春期におでこに出来てしまうニキビは、成長によるホルモン(男性ホルモン)が原因によるものですから、
肌をちゃんと1日1回洗い清潔にして、出てくる皮脂を落としてあげれば問題ないんです。
あまりにもひどい場合は、大人用のニキビケア用品を使うのも手ですね。

大人になってから出来てしまうおでこのニキビは、学生の頃に出来たおでこのニキビとは全く違うものなので、対策方法も異なります。

大人になっても出来てしまう原因はいくつかありますが、女性の場合だとまず疑われるのがメイクの洗い残し。
そして、洗顔力が高すぎる洗顔料で顔を洗ってしまい、肌の皮脂を奪いすぎて皮膚が乾燥することによるニキビです。

対策としては、メイクや一日のよごれを良く落としてあげることですが、ここで注意なのが上でも説明しましたが
洗顔力だけで洗顔料を選ばないことです。

メイクやよごれは落としたとしても、肌に必要な皮脂は残さなければいけません。
肌には外的刺激から守ってくれる働きをする皮脂がありますので、この皮脂を奪ってしまうような強力なクレンジングや洗顔を行うと
逆効果になってしまう可能性があります。

デリケートな肌に優しく、保湿力のあるスキンケア用品を選ぶことが大切です。
間違ったニキビ対策で損をしないためにも正しいスキンケア方法を身につけてください。

おでこニキビの原因・メイクの洗い残し

メイクによる毛穴の閉塞はニキビの悪化の原因になります。帰宅後は、すぐにメイクを落としましょう。
メイクを落とすときは、絶対に力を加えず指を軽く滑らせ、円を描くようにして、クレンジングとメイクをなじませます。
その後ぬるま湯などで、やさしく洗い流しましょう。

洗顔は、朝晩1日2回が基本です。朝は眠っている間にたまった余分な皮脂を落とし、夜はメイク落としの後に、汗やほこりなどの汚れを落とすために洗顔をします。
「1日に何度も洗顔する・ゴシゴシ洗う」などの間違った洗顔法は、かえってニキビを悪化させますので、正しい洗顔法を身に付けましょう。

おでこニキビの原因・睡眠不足

睡眠不足が続くと、皮膚の代謝が悪くなってしまいます。
起きている時間が長いと、臓や腎臓に負担がかかってしまい、睡眠中には臓や腎臓への栄養が優先されてしまい
肌にちゃんと栄養が行き届かないため肌の生まれ変わりを妨げてしまう結果になります。

そして、そのまま古い角質が毛穴に詰まって大人ニキビを作ってしまいます。

では、1日どの位の睡眠を取れば、体や肌にとって最適なのでしょうか?
一般的には7時間から8時間と言われていますが、睡眠を取る時間帯こそが重要なのです。
特に「午後10時から翌朝午前2時」までのゴールデンタイムの時間に睡眠をとることが体を休めるためにも、
そしてニキビの改善にも重要です。

なぜなら、この時間帯に皮膚は生まれ変わるからです。
しっかりと睡眠をとり、正しいスキンケアでニキビを治しましょう。

おでこニキビの原因・間違ったスキンケア

効果が強いスキンケアが肌の乾燥を招き、おでこにきびの原因に。
メイクが落ちてないような気がして、強い洗浄力を持ったクレンジングや洗顔料を使用してしまうと、
肌のバリア機能をもった皮脂までも奪い取ってしまうことになります。

そうなると、肌が乾燥してしまい、乾燥すると皮膚が乾燥から肌を守ろうと、どんどん皮脂を出します。
この余分な皮脂がおでこにきびになるのです。

正しいスキンケアで、おでこのニキビを撃退しましょう。
おでこに出来るニキビにおすすめなのが「オルビスクリアシリーズ」です。
含まれている「7つの和漢成分」でニキビの原因から改善してくれます。
オルビス